2014年10月20日

一晩

16年ぶりに会った人と、
一晩を共に過ごした。

お互いに恋愛感情がないのは承知の上。
自分がそんなことを出来る人間だと
思っていなかった。

でも、まったく後悔がない。
むしろ癒しのような時間だった。

ケラマ君と過ごした時以来だもの。
人肌が恋しかったのは確か。
触れてもらうって大切なんだね。
女性だってことを忘れかけてました。
あぶないあぶない(笑)。

相手の人も、
きっとどこか寂しかったんだろうな。
16年前に話せなかったことを色々話して、
ようやく仲良くなれて、、、

「あの時は陶子ちゃん、
   ◯◯さんと付き合ってたからさ」

少しは好意を持ってくれていたのか、
ただのリップサービスか。

お酒の力も働いて、
お互いに開放的になった。
朝起きても優しくしてくれて
すごく救われた。

でも、

この関係を続けてはいけない。
気持ちがないのに続けるのは
傷つけ合うことになるだけだから。
一晩の関係は、一晩限り。

また現場で会うかもしれないから、
やんわりと意思を伝えた。
お互いに素敵な思い出のままにしておきたい。

そうはいっても、
やはり一度距離が縮まってしまうと、
心の中にその人の場所が出来ちゃうね。
勘違いしないようにしないと。

拍手する
posted by 陶子 at 13:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

☆さんが私の中で最も揺るぎない存在ってことは変わらない。
ただ、前に抱いていたような
恋に似た気持ちは少し落ち着いた。
そりゃあまだまだ緊張するし、
うまく話せないけど、、、

私のことを信用して
連絡先を教えてくれた頃から、
その気持ちに応えたい、
しっかりしなくちゃという思いが強くなった。
☆さんが私のことを身内として紹介する機会もあって、
ただのファンだけでは済まされなくなったということもあるけど、、、。

恋じゃなくて、愛に近いかな。今は。
人として、音楽家として、
最大級の尊敬をしているし、
あの才能を心から大切に想っている。

毎年一緒に写真を撮る約束も継続中で、
今はもう8枚目。
(実際はもっと撮ってもらっているけど・笑)
8枚目、イコール8年。
☆さんはずっと変わらず優しい。
我ながら素晴らしい人を見つけたなと思う。

今はメールでやりとりが出来るから、
昔ほど手紙を書かなくなった。
メールだとライブの感想をすぐ伝えられるし、
何より☆さんから返信があるのが嬉しい。
文面から☆さんの個性が垣間見えるのも楽しい。

でも、やはり手紙も時々書いている。
原点は手紙だったから。
時間と労力をかけて作り上げたライブに対して
勢いでメールを送るだけじゃなくて、
丁寧に言葉を選んで手紙をしたためたい。
その気持ちはこの先もきっと変わらない。

***

☆さんの連絡先や住所を知るというのは
憧れでもあり恐怖でもあった。

知ってしまったがために、
メールを沢山送りつけてしまうのでは、とか、
自宅まで押しかけてしまうのでは、とか、
自分が全然信用できなかった(苦笑)。

でも、そんなことにはならなかった。
最初に書いたように、
しっかりしなくちゃという思いの方が
断然強かった。
一生この人と付き合っていきたい、
だから大切にしたい。
ただただそう思う。

☆さんの音楽は、
年を経るごとに研ぎ澄まされていく。
音楽の神様に愛された人。
その人の近くで生きていることが、
私の人生で最もラッキーなこと。
感謝と謙虚を忘れずにいよう。





拍手する
posted by 陶子 at 12:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1年と5ヶ月

1年と5ヶ月の間に、色々なことがあった。
本当に色々と。
でも、私は元気です。

☆さんと☆さんの奥様とも、
変わらず交流は続いていて、
敬愛の念はより深くなっている。
飽きっぽい私がこんなに長く想えるのは、
お二人の人柄が素晴らしいからということに尽きる。

現在は☆さんのスタッフとして動くことも多くて、
☆さんと連絡をやりとりすることもある。
奥様と二人だけで朝まで呑むこともあり、
奥様からは「私が疲れたらバトンを渡すから」なんて冗談か本気か分からないけれど
そんな風に言ってくれている。

数年前の私には信じられないだろうな(笑)。

ストレスまみれだった職場は辞めて、
今はやりたかった仕事一本で
生活は本当にギリギリだけれど
ようやくまた大好きな現場に戻れて
幸せとしかいいようがない。
まだまだこれからだけれどね。

独り身なのは変わらず。
でもこの間、数年ぶりに女であることを思い出させてもらった出来事がありました。
自分でも信じられないけれど。
どうしてあんなことになったのか
今でも不思議。
思い出すだけで幸せ。
ありがとう。

拍手する
posted by 陶子 at 04:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする