2006年11月21日

石をいただく。

縁あって、『マラカイト』という石をいただいた。
下さった方は少し不思議な力を持っているらしい。

『マラカイト』は別名アイ・ストーンと言って、
眼の病気を治してくれたりするそうなのだ。
私の弱点はまさに『眼』。

20歳の時に強度の近視が原因で網膜剥離になり、
右眼を手術したものの、三分の一失明してしまった。
左眼もいつ剥離が始まるか分からない。
そんな過去は一度も話していないのに、
私にアイ・ストーンを下さるとは。

よく見ると石の縞模様が眼の形になっている。
吸い込まれそうな深い緑色でとても綺麗。

それともうひとつ不思議なことが。
『マラカイト』は昔から心身の癒しに強い効果があるとのことで、
絶不調だった左肩に当ててみた。

すると一日中ビリビリしていた左腕の痛みが
スッと消えてすごく楽になった。
これには正直ビックリ。
偶然にしても当てた途端に良くなるなんて…。
うーん、生きてると不思議なことがあるんだなぁ。

石の『眼』模様を見ていると、
私の方が見られている気がします(笑)
拍手する
posted by 陶子 at 08:22 | Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

私の母も45歳くらいの時に網膜剥離(両目)になりました。
人間ドックで見つかって、急遽入院。
私が大学受験の1月から2月末まで入院していまい
入試の中、家事もし、中学生の弟のお弁当も作り
てんてこ舞いだった記憶があります。

私も視力が悪いので、網膜剥離や目の病気には
とっても敏感です。
アイ・ストーン、とっても興味深々です。
身体は健康に限りますよね。

陶子さんも無理をしないで、休んでくださいね。


Posted by めぐ at 2006年11月22日 19:08
>めぐさん
両目とも網膜剥離ですか。
お母様はとても辛い思いをなさいましたね。
めぐさんも不安な中家事を担って、さぞ大変でしたでしょう。
私が入院していた時も、本人より周りの家族の方が
泣きそうな顔をしていましたから。
本当に、身体は健康に限ります!

マラカイトは模様が孔雀の羽に似ていることから
和名は「孔雀石」とも言うそうです。
昔から石は大好きなんです。
長い長い年月をかけて出来た自然の産物だから、
神秘的で惹かれるのかもしれません。

めぐさんもゆっくり休んでくださいね。
Posted by 陶子 at 2006年11月24日 13:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

視力アップ・疲れ目・ドライアイに効く100
Excerpt: 高度の近眼の人にとって、眼鏡でも上手く視力を補正することは出来ません。身近な人であっても、止まっている相手を目の前で確認しない限りなかなか分かりません。まして、一年以上会っていない相手であればなおさら..
Weblog: 眼の病気のレビュー
Tracked: 2008-02-09 20:04