2017年09月20日

近況

突然の別れから5ヶ月が経とうとしてる。
去年まで恋心を抱いていたあの人は、
もうこの世にはいない。
あの世で会ったらグーでパンチだ。
泣いてばかりだった私を、
優しく慰めてくれたのは今の彼だ。
付き合ってから7ヶ月が過ぎた。
基本的に優しいけれど、時々衝突もする。
でもお互い大人なので、
2人がより仲良くいられるために模索する。
先日、仕事終わりに彼の家へ行ったら、
手作りの酒の肴が3品用意されていた。
翌日、早朝に仕事へ出かける私に
ナポリタンを作ってくれた。
出来過ぎなくらい、優しい彼。
このまま時が止まれば良いのに、と思う。
拍手する
posted by 陶子 at 18:18 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月05日

***

本当に死んじゃったの?本当に?
もう一生会えないの?
ねえ、最後に一言くらい
なにか言ってよ。
拍手する
posted by 陶子 at 20:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

訃報

早いよ。
早すぎるよ。
もうあの人がいないなんて、
信じられない。
信じたくない。

本当にいなくなっちゃったの?
そんなにこの世が辛かった?

どうしたら
貴方を救えたの?

また貴方の声が聞きたいよ。
そして笑って馬鹿にしてよ。

ひどいよ。

拍手する
posted by 陶子 at 15:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月20日

穏やかな日々

彼との交際はとても順調。

先日、生まれて初めて合鍵をもらった。
嬉しくて、くすぐったくて、何度も手に取っては眺めた。
世の中にペアのキーホルダーのある意味が分かった気がした。

考えてみたら、一人暮らしの男性と付き合うのは初めて。
彼が仕事でいない間に洗濯をして、
風にはためく洗濯物を見た時の
なんて穏やかで清々しいこと。

そして、彼の帰りを待つ間にお掃除をして、
晩御飯の支度をする。
何もかも初めてで嬉しかった。

彼の存在が日に日に大きくなって、
失うことが怖くなったと白状した時も、
「考えすぎちゃったかな?大丈夫、大丈夫。」
と不安もまるごと包み込んでくれた。

彼となら、すんなりと家族になれる気がする。

拍手する
posted by 陶子 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月28日

幸せすぎてバカになる

幸せすぎてバカになる、と思う。
彼は、なかなか理解できないであろう
私の仕事をいつも応援してくれて、
私の仕事がちょっと早く終わった時などは、
「1時間だけでも」と言って、
私の都合の良い場所まで会いに来てくれる。

そういう時の私はオシャレとは程遠く、
汗がしみたTシャツにジーンズ、
小山のようなリュックを背負っているのだけど
隣を歩くことに何のためらいも見せないどころか
嬉しそうにニコニコしている。

そしてとうとう
夜を一緒に過ごす仲になったけれど、
相性が良いようでホッとした。
関係が進んでからも、
相変わらずユーモアを忘れず
私のしたいことを分かってくれる
素敵な彼のまま。

昨日も急遽仕事のあとにデートをして、
帰りたくないという私を
「想定内だった」と受け入れてくれた。

今朝、彼は仕事へ行くため
ホテルをひと足先に出発した。
チェックアウトの11時まで、
私は一人、幸せに浸っていた。

そしてお昼の12時。
彼の職場近くで待ち合わせをして、
美味しいランチ。
待ち合わせ場所に小走りで現れた彼は、
やはりとても嬉しそうだった。

恋愛がこんなに幸せなものだったなんて、
初めて知りました。

拍手する
posted by 陶子 at 15:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月08日

公園で

お付き合いしているUさんとの、
先週末のデート。
公園でランチを食べる約束をしていたのだけど
紙食器やらナイフやらジャムやら
家から持ってきてくれて
サラダや生ハム、チーズにワイン、
美味しいパンも買い込んで
とても幸せなランチになった。
トイレに行ってくるね、と言って
なかなか帰ってこないなー?と思っていたら
おかわりのワインと
デザートのハーゲンダッツを持って
ニコニコしながら帰ってきた。
紆余曲折あったけど、
この人に出逢えて良かったな、と
心から思った。
そしてこの日、初めてのキス。
ドキドキするのに年齢は関係ないのだなぁ。
いま、とても幸せです。
拍手する
posted by 陶子 at 00:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月01日

春到来

去年の12月から「付き合ってみる?」と
始まった交際は1ヶ月で終わり、
ほどなくして今の彼と出会った。

穏やかで真面目で優しくて、
ユーモアも情熱もある人。
内面にとても惹かれた。
欲しい言葉をいつもくれる。
彼といると時間があっという間に過ぎて、
退屈することも力み過ぎることもない。

恋愛は相性だったんだな、と
40手前にしてようやく気づけた。
そして、相性の良い相手と出会えたことが
奇跡に思えて、毎日がとても輝いている。

こんな日が来るなんて。

そして体の関係から始まることが多かった
最近の恋愛とは大きく違って、
デートは複数回しているものの、
まだ手を繋いだことしかない。
少しずつ距離が近づいているのは分かってる。
そのドキドキを味わえているのは、
いつぶりだろう?

このままずっと、一緒にいられるといいな。
拍手する
posted by 陶子 at 19:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月17日

近況

二年前からズルズルと続いていた
男性二人との関係は断ち切った。
断ち切る、というほど
強い絆があった訳ではないけれど。

改めて思う。
私は今までなんて自分勝手で、
無駄な労力を費やしてきたのだろう。
30代、ほぼ既婚男性にしか惹かれなかった。
想ってもどうしようもないのに。
おかげで気付けば40代目前。
もっといい恋愛が出来る可能性は
沢山あっただろうにね。

時間という高い代償を払って、
振り向いてもらえない男性にすがって、
得たかったのは何だったのだろう。

もう残り少ないけれど、
ちゃんと成長できる恋愛をしよう。

今、とりあえず付き合っている男性がいる。
付き合い始めて少ししか経っていないので、
お互いよく知らないし、
これからどうなるか分からない。
すぐに別れることになるかもしれない。

でも、無駄な関係ではないことに、
とてもホッとしている。
前に進もう。
拍手する
posted by 陶子 at 23:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月20日

***

見ないようにしてる。
胸が締め付けられるから。
拍手する
posted by 陶子 at 01:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月23日

機会

ビックリするような出来事。
地方の仕事で、
偶然にもあの人と一緒になる。

しかも私以外はその日移動で、
私とあの人は地方に残る。

神様から

「会いたいなら会える絶好の機会を作ったよ。
   お前はその機会をどう活かす?」

と言われているみたいだ。
きっとこんな偶然は二度とないだろう。

私は、、、

あの人に会いたい。
会って、ちゃんと気持ちを伝えたい。
あの人の気持ちも聞きたい。

それが、出来るだろうか。

そしてきっと、自分に負けてしまう。
せめて、素敵な別れ方にしたい。
リスタート。
拍手する
posted by 陶子 at 20:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月02日

取り柄

優しさだけが取り柄だったのに、
優しくなくなったらどうしようもない。
拍手する
posted by 陶子 at 00:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月15日

会う度に寂しくなる。
寂しくなるクセがつく。

8月末に、
初夏に関係を持った人と
ふたたび一晩過ごした。

その人のことは
恐らく好いているのだけれど、
向こうにその気がないのが分かっているから
私も心を閉じてしまう。

いや、
閉じておかないと傷が拡がる。

一晩適当に過ごして、
好きになって、、、って
サイテーなこと。

今は
二人との関係を断てるように
寂しさと戦ってる。

でもやっぱり会いたい。
会おうって言われたら
きっと会いに行ってしまう。

弱い私。
拍手する
posted by 陶子 at 15:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月16日

行ってきます も
ただいま も ない

当たり前だけど

淋しいなあ
拍手する
posted by 陶子 at 02:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月12日

良くないなぁ、、、とても良くない。
と思いながら、
去年の秋に一晩限りの関係を持った知人と
一昨日ふたたび会って関係を持った。

初夏には、
別の人と一晩限りの関係を持った。

私は何かが壊れてしまったのかな。

こんなにふしだらで、
不誠実な人間だったとは。

関係を持ってしまったから
情が湧いてしまったけれど、
愛しているかと聞かれれば、否。
相手に対しての思いやり以上に、
自分の勝手さがはるかに上回っている。

気休めは、
向こうもどうかしているってことだけ。

私も、向こうも、
本当にどうかしている。

☆さんが私の心の聖域にいるから
まともな恋愛が出来ないのかな。
世の中に男性は沢山いるのに、
ときめきを感じられない。

心がSOSを発するのは
時間の問題だな、、、。
拍手する
posted by 陶子 at 21:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月02日

先日、☆さんと9年目の写真を撮った。
「もうそんなになるの?!」と驚いていて、
1年目を撮った時は何処だったとか、
思い出話をしたりした。

☆さんとのことに関しては、
私の人生において満点だと思う。
自分勝手なことを考えた時期もあったけど、
今は☆さんや奥様のことを第一に考えられる。

恋の時期が終わって、
愛になったんだろうなぁ…。

その反面、☆さん以上に
大切に想える男性がいないし
この先現れるとも思えないので、
それが問題かな…(苦笑)。

☆さんには、当たり前だけど
私の気持ちを伝えていない。
どう思っているのかな。
ただの強烈なファンだと思っているかな。
迷惑ならいつでも関係を断てばいいのだし、
側にいることを許されているから
それはそれでいいんだろう。

☆さんのスタッフは変わらず続けていて、
ほぼ週一のリハに参加させてもらっている。
仕事の技術を活かしつつ勉強にもなるので、
とても充実した時間だ。

先日は奥様のライブも手伝わせてもらえて、
それも幸せな時間だった。

この何よりも大切に築き上げた関係は、
私の数少ない誇り。
これからも、このままでいられますように。
拍手する
posted by 陶子 at 07:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月20日

一晩

16年ぶりに会った人と、
一晩を共に過ごした。

お互いに恋愛感情がないのは承知の上。
自分がそんなことを出来る人間だと
思っていなかった。

でも、まったく後悔がない。
むしろ癒しのような時間だった。

ケラマ君と過ごした時以来だもの。
人肌が恋しかったのは確か。
触れてもらうって大切なんだね。
女性だってことを忘れかけてました。
あぶないあぶない(笑)。

相手の人も、
きっとどこか寂しかったんだろうな。
16年前に話せなかったことを色々話して、
ようやく仲良くなれて、、、

「あの時は陶子ちゃん、
   ◯◯さんと付き合ってたからさ」

少しは好意を持ってくれていたのか、
ただのリップサービスか。

お酒の力も働いて、
お互いに開放的になった。
朝起きても優しくしてくれて
すごく救われた。

でも、

この関係を続けてはいけない。
気持ちがないのに続けるのは
傷つけ合うことになるだけだから。
一晩の関係は、一晩限り。

また現場で会うかもしれないから、
やんわりと意思を伝えた。
お互いに素敵な思い出のままにしておきたい。

そうはいっても、
やはり一度距離が縮まってしまうと、
心の中にその人の場所が出来ちゃうね。
勘違いしないようにしないと。

拍手する
posted by 陶子 at 13:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

☆さんが私の中で最も揺るぎない存在ってことは変わらない。
ただ、前に抱いていたような
恋に似た気持ちは少し落ち着いた。
そりゃあまだまだ緊張するし、
うまく話せないけど、、、

私のことを信用して
連絡先を教えてくれた頃から、
その気持ちに応えたい、
しっかりしなくちゃという思いが強くなった。
☆さんが私のことを身内として紹介する機会もあって、
ただのファンだけでは済まされなくなったということもあるけど、、、。

恋じゃなくて、愛に近いかな。今は。
人として、音楽家として、
最大級の尊敬をしているし、
あの才能を心から大切に想っている。

毎年一緒に写真を撮る約束も継続中で、
今はもう8枚目。
(実際はもっと撮ってもらっているけど・笑)
8枚目、イコール8年。
☆さんはずっと変わらず優しい。
我ながら素晴らしい人を見つけたなと思う。

今はメールでやりとりが出来るから、
昔ほど手紙を書かなくなった。
メールだとライブの感想をすぐ伝えられるし、
何より☆さんから返信があるのが嬉しい。
文面から☆さんの個性が垣間見えるのも楽しい。

でも、やはり手紙も時々書いている。
原点は手紙だったから。
時間と労力をかけて作り上げたライブに対して
勢いでメールを送るだけじゃなくて、
丁寧に言葉を選んで手紙をしたためたい。
その気持ちはこの先もきっと変わらない。

***

☆さんの連絡先や住所を知るというのは
憧れでもあり恐怖でもあった。

知ってしまったがために、
メールを沢山送りつけてしまうのでは、とか、
自宅まで押しかけてしまうのでは、とか、
自分が全然信用できなかった(苦笑)。

でも、そんなことにはならなかった。
最初に書いたように、
しっかりしなくちゃという思いの方が
断然強かった。
一生この人と付き合っていきたい、
だから大切にしたい。
ただただそう思う。

☆さんの音楽は、
年を経るごとに研ぎ澄まされていく。
音楽の神様に愛された人。
その人の近くで生きていることが、
私の人生で最もラッキーなこと。
感謝と謙虚を忘れずにいよう。





拍手する
posted by 陶子 at 12:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1年と5ヶ月

1年と5ヶ月の間に、色々なことがあった。
本当に色々と。
でも、私は元気です。

☆さんと☆さんの奥様とも、
変わらず交流は続いていて、
敬愛の念はより深くなっている。
飽きっぽい私がこんなに長く想えるのは、
お二人の人柄が素晴らしいからということに尽きる。

現在は☆さんのスタッフとして動くことも多くて、
☆さんと連絡をやりとりすることもある。
奥様と二人だけで朝まで呑むこともあり、
奥様からは「私が疲れたらバトンを渡すから」なんて冗談か本気か分からないけれど
そんな風に言ってくれている。

数年前の私には信じられないだろうな(笑)。

ストレスまみれだった職場は辞めて、
今はやりたかった仕事一本で
生活は本当にギリギリだけれど
ようやくまた大好きな現場に戻れて
幸せとしかいいようがない。
まだまだこれからだけれどね。

独り身なのは変わらず。
でもこの間、数年ぶりに女であることを思い出させてもらった出来事がありました。
自分でも信じられないけれど。
どうしてあんなことになったのか
今でも不思議。
思い出すだけで幸せ。
ありがとう。

拍手する
posted by 陶子 at 04:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月07日

***

「残念だなあ」

「逆効果だったか」


あなたは笑顔だったけど、

困ったような寂しいような顔をしていた


ごめんなさい。

好きになったりしてごめんなさい。

好きだから、一緒にいられないんです。


もっともっと一緒にいたかった。



拍手する
posted by 陶子 at 17:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

別れ

お別れ。

醜態をさらす前に

みじめな姿を見せる前に

これ以上嫌われる前に

お別れ


本当はお別れなんてしたくないんですよ

いつだってあなたの笑い声を聞いていたい

でも、もう限界


この先は崖しかないって分かってる道を

進むことなんてできない



拍手する
posted by 陶子 at 17:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする