2011年01月13日

本音

「大事な人」とはギタリストの☆さんのことだ。

バカバカしいと思われても仕方ない。
私も、ただの憧れだと思ってた。
でも、ただの憧れの方がずっとマシだった。

☆さんのライブを観に行くようになってもう5年目になる。
本当に素晴らしい、唯一無二の音を奏でる人。

☆さんとは相変わらず会場でちょこっとお話しするくらいだけれど、
縁あって☆さんの奥様と連絡先を交換することになり、
奥様のライブの打ち上げに参加させてもらったり、
二人でお茶をすることもある。

奥様のことは大好きだ。
4つ年上のお姉さんのような人。
さばさばしているようで、実はとっても繊細。
居心地の良い空間を作ることが得意な人だ。

奥様と共通しているのは、
”☆さんのギターが大好きだ”ということ。
時々、話し相手が”奥様”だということを忘れてしまうくらい、
☆さんのギターの素晴らしさについて語り合ってしまうことがある。

もしかしたら奥様もそういう人が欲しかったのかな、と思う。
奥様自身もミュージシャンで、
奥様の周りもミュージシャンだらけだから、
自分の夫の素晴らしさについて語るなんて、
奥様の世界の中ではなかなかできないのかもしれない。

だから、「ただただ好き」なファンの私の前では、
奥様もファンに戻れるのかもしれない。
ある時、奥様が私を、
「世界一☆くんのギターが好きな人」と紹介してくれて、
リップサービスだと分かっていても嬉しかった。
奥様はそんな風に言ってくれる懐の深い人なのだ。
それに甘えて、私もなついてしまった。

奥様は、公私共に☆さんをかいがいしくサポートされている。
☆さんの奥様があの方で良かったと心底思う。

でも、時々胸がチリリとする。
羨んでしまい、羨んでしまう自分が嫌で。
二人には二人の世界があり、
どう逆立ちしたってそれを分かることなんてできない。
絶対に幸せなことばかりではない。
そんな時も奥様はそばにいて、☆さんをサポートしてきたのだ。
☆さんという有名なギタリストの奥様として、
日々大変な苦労もあるだろう。

先日、奥様がウィルス性の病気にかかってしまった時に、
☆さんに伝染さないようにように最大限努力している話を聞いた。
家中消毒しすぎて、手がボロボロになってしまったと笑って話していた。
その時☆さんは二つの大きな仕事を抱えていたから、
「今、☆さんに伝染ってしまったら大変ですもんね」と言うと、
「うん。国が止まる。」と急に真剣な顔になった。
国とはもちろん日本のことではなくて、
☆さんが今いるフィールドのこと。
私には、その意味がよく分かった。

私にはきっと奥様ほどの努力はできないと思う。
そもそもプレッシャーだけで押しつぶされてしまう。
自分が敬愛してやまない人の人生の半分を担うのだ。
”私には無理”と簡単に諦めてしまう。
それを奥様は覚悟を決めてやっている。

だから、なにが”羨ましい”なのだ。
いいところだけ見て”羨ましい”と思うなんて、
図々しいにもほどがある。

だけど、そう思うのは止められない。
いつも心のどこかで羨んでいる。
卑屈になってしまいそうな自分がいる。
もし奥様とこんな風に知り合わなかったら、
個人的に”羨ましい”と思うことなんてなかったのかな。
下手にお二人の世界を垣間見てしまったがために、
私はこんな気持ちになってしまったのだろうか。

☆さんのことが大好きだ。
奥様のことが大好きだ。
お二人の前では、一点の曇りもない気持ちでいたいのに。
苦しくて苦しくて、奥様との距離をうまくはかれない。
早く抜け出したい、この状況から。
拍手する
posted by 陶子 at 16:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

やっぱり

あらいざらい書けるのはここだけ

醜い気持ちも愚かな気持ちも残酷な気持ちも
すべてここなら吐き出せる
そうすることで少し落ち着く

今、「大切な人を思い浮かべて」と言われると
思い浮かべちゃいけない人が出て来てしまう
それがつらい

自分の気持ちは実に中途半端だって分かってる
いいとこどりだけをするかのような
そんなの本物じゃない

だけどつらいし苦しいんだ
なるべく考えないようにしていたけど
いつも私の頭の中にはその人がいる

どうしたい訳じゃない
そもそも私なんかにはどうにもできないし
その覚悟もなければ責任の取り方もしらない

だからこんな風に言うべきでもないが
心は正直でつらいのだ
いっぱいいっぱいになるのだ

私は馬鹿だ
拍手する
posted by 陶子 at 03:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

***

父とは相変わらずうまくいってない

もう私はなるべく関わらないようにしている
話さない、目を見ない、同じ部屋から出て行く
まるで反抗期

馬鹿なことだって分かってる
でもそうでもしないとお互い疲れてしまうんだ
父のやることすべてがイライラする状況
母がいるから家を出るわけにもいかない
どうしたらいいんだろうな
拍手する
posted by 陶子 at 02:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月11日

とはいえ

死んだら泣くし、
いないよりいた方がいいと思ってる。
親だからね。
でも“親だから”、ただそれだけ。

親のいない人からすれば、
私はきっと幸せなんだろう。
だからといって
人の気持ちを傷つけていいなんてことは絶対にない。

悲しい。
拍手する
posted by 陶子 at 15:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

***

イライラするなーもう。

やることなすことイラッとくる。
これって要するに嫌いなんだろう。

他人なら関わり合いにならなきゃいいだけだけど、
家族だからそうもいかない。
朝から晩まで一緒、耐えられない。

とはいえ家に住まわせてもらってる以上、
文句なんて言えないんだから耐えるしかないのだ。
だからと言って、ひどいことはひどいんだから
その都度イライラするし疲れるし傷つく。

家族だから関わってるって気付いてるんだろうか。
私はもうあなたと一緒にいることすら
我慢ならないってことを。

そうさせたのは他でもない、あなただ。
拍手する
posted by 陶子 at 15:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月08日

すっかり秋になってしまった

落ち着いたからとか
何かが大きく変わったから
ここにまた来た訳ではなくて
何も考えず吐き出したくなったから
やっぱりここはそういうところ
こういう場所がないと私は困る

相変わらず情けない生活を送っている
自分自身を何とかしようという気力がない
気力というより集中力といった方がいいかも?
でも悲観的になっている訳でもない
それがいけないのか?

なんだか、フワフワと浮遊している感じ
クラゲのような

私はどうしちゃったんだろうな
いつか、なんて余裕はないんだけど
本気になれない自分がいる

結局
ばかで
だらしがないだけか

お見合いしてみる?って叔母が言ってくれるけど
ごめん
私は今お見合いできるような人間じゃない

誰かに紹介されたり
誰かと大切な約束をしたり
したくないしできない

頑張らなきゃな
私は本当に頑張らないと
拍手する
posted by 陶子 at 01:57 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月02日

最低

忘れた頃にいつも

最低なことしてくれるよね

ふざけんな
拍手する
posted by 陶子 at 12:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月25日

送別会

今日、MさんとN本さんの送別会をやることになった。

思いがけず人数が増えて、
幹事の責任も重くなってしまったのだけど(汗)、
みんなで楽しい時間を過ごせたらと思う。

それに何より、
またMさんと時間を過ごせることになって嬉しいぴかぴか(新しい)

そういえばキューピッドのTさん以外にも、
なぜだかMさんと同じ本社の方達が優しい。
いや、前から優しいんだけど、昨日はやけに優しかった。

Mさんから送別会の返信が来ないんですよね、と呟いたら
Mさんに“今すぐ返信しろ”と言ってくれたらしく、
それからすぐに返信が来たダッシュ(走り出すさま)
しかも

「Mさんから返信きました?」

とわざわざ確認してくれて。

こんな感じ、今までなかった気がする。
今の職場では人当たりよく頑張ってきたおかげかな(笑)
とってもありがたい。

今夜、良い会になりますように。
拍手する
posted by 陶子 at 07:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月24日

キューピッド

ラッキーパーソンとでも言うのだろうか。

この人といると運が開ける、という人に
たまに出会うことがある。
今の職場の同僚Tさんは、そんな女性。

そのTさんが、Mさんに対する私の気持ちに気付いて
さりげなくキューピッド役をしてくれている。
それがまた押し付けがましくなく絶妙で、
ありがたいというか、照れくさいというか。。。

今日は私はお休みだったのだけれど、
用事があってTさんにメールをしたところ、
オマケのようにMさんの様子を知らせてくれた。

「Mさんはかなり忙しそうで、
 みんなMさんを探していますあせあせ(飛び散る汗)

と。
明日から新規の仕事が増えるから、
きっとそのことで今日は忙しかったんだろう。
予想はしていたけど、、、。

実はMさんに渡したいものがあって、
バレンタインの時と同じく、
職場の冷蔵庫に入れてあるものがある。
Mさんには昨日伝えたのだけれど、
Tさんによると今日もそのまま置いてあったらしい。
そこでTさんは、Mさんと偶然居合わせた時に、

「○○、もう食べました?」

と、問い詰める感じではなく、
"アナタももう当然食べたでしょ?"というニュアンスで
聞いてくれたらしい。
Mさんは、

「あ〜exclamation忘れてた〜あせあせ(飛び散る汗)

と答えたそうで。
仕事のことで頭がいっぱいなんでしょう(苦笑)

今日こそ持ち帰ってくれてるといいけど、、、。
明日会社に行ってまだ置いてあったら
やっぱりガッカリしてしまうなぁダッシュ(走り出すさま)

一応賞味期限が26日までです、と伝えたんだけど。
腐るぞー!
拍手する
posted by 陶子 at 01:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月22日

いよいよ

Mさんが引き上げる日が近づいてきた。

だというのに、私とMさんの休みが入れ違いで、
この数日なかなか会えていない

この間のお誘いは断られてしまったけれど、

“またの機会に”

という言葉がMさんからすんなり出てきたこと、
来月の箱根駅伝ドライブに呼んでもらえたことで、
“これっきり”とは思っていないんだと分かって、
あまり悲しまずに済んでいる。

とはいえ、Mさんが引き上げてしまったら
きっと淋しくて淋しく仕方ないのだろうけど。

仕事をしているMさんはいつも素敵だ。
私もあんな風に動じずに、突き進んでいきたい。
拍手する
posted by 陶子 at 17:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月21日

元気のもと

さっきまで仕事でグッタリしてたのに、
お休みのMさんからメールの返信が来ていて、
読んだ途端に体も心も元気いっぱい。
どんな栄養ドリンクだってこの効き目には敵わない。
好きな気持ちってすごい。
拍手する
posted by 陶子 at 17:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月19日

嬉しいこと色々

今日は二連休明けの出勤だった。

朝、廊下を歩いていたら、
向こうからMさんが歩いてくるのが見えた。

不思議なんだけど、
Mさんとは廊下ですれ違ったり、
扉を開けるとそこにいたり、
偶然遭遇する機会がとっても多い。

今日はなぜか気持ちに余裕があったので、
(この二連休中、Mさんに独りよがりな連絡を取るのを
 我慢できたからかもしれない)
笑顔で「おはようございます。」と言えた。
Mさんはいつも通り笑顔じゃなかったけれど、
ムスッともしていなかった。

そして昼休み。
ほぼご飯を食べ終えて、
手帳でスケジュールを確認していた時のこと。
同じテーブルにMさんと後輩のN本さんがやって来た。
他のテーブルも空いていたのに。
とってもとっても嬉しかった。
なんだかすっかり、私がいるテーブルに来るようになっている。

さらに嬉しかったことは、
後輩のN本さんがMさんの分のお弁当を
私の席からひとつ空いて隣に置いたのに、
Mさんはわざわざそのお弁当の場所を動かして、
私の真正面の席へ座ってくれたこと。
多分、話しやすいようにだと思うけど、
いつも大概そっけないことが多いから、
こういう行動をされるとドキリとする。

現場や事務所では笑顔なんてほぼ皆無なのに、
昼休みだけは二人とも笑顔で話せる。
基本的に恐い顔で仕事してしまうところ、
私とMさんは似ているのかもしれない。

一対一だと妙な緊張感が走る私とMさんだけれど、
今日は後輩のN本さんがいてくれたおかげで、
肩の力を抜いてスラスラと話すことが出来た。
話が盛り上がりすぎて時間が足りなかったくらい!

紅茶専門店のAちゃんの話も出た。

「また行ってやってください。
 すごく喜んでました。」

と。
アナタは保護者かい!と突っ込みたくなった(苦笑)

来週あたりにMさんとN本さんは引き上げてしまうので、
送別会代わりの飲み会をやりましょう!と提案してみた。
ついこの間お誘いを断られたばかりなのに、
我ながらいい根性してると思う(笑)

そして、今度はOKをもらえそうな感じ。
この間のお誘いは「二人」だったし、
会社から遠い場所にあるお店だったからなぁダッシュ(走り出すさま)

最後に皆でワイワイ飲めるといいな。
明日も笑顔を絶やさず頑張ろうぴかぴか(新しい)
拍手する
posted by 陶子 at 01:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月17日

幸せを願うこと

一昨日の朝、Mさんから返信がきた。

「おはようございます。
 ○○いいですねわーい(嬉しい顔)
 ただ今月は時間的に余裕がないので
 残念ながら行けそうにないですふらふら
 またの機会に手(パー)

というわけで、今回のお誘いは撃沈バッド(下向き矢印)
もう来ないと思っていた返信が来たのは嬉しかった。

Mさんは回りくどいことをしない人のようだから、
きっと文面どおりの事情なんだろうけど、
文面以外の事情があるんじゃないかと、
不安になったり心配になったり、
メールをもらってしばらくは動揺してしまった。

ホワイトデーは完全に忘れ去られているし失恋
うっかり忘れてしまったのか、
あえてノーリアクションなのかは分からないけれど、
どちらにしろ、Mさんの方には特別な感情はないということでダッシュ(走り出すさま)

好きな人の幸せを願うことって、
当たり前に出来るようでいてなかなか難しい。
自分の気持ちを押し付けてしまったり、
わがままになってしまったり・・・。

数年前、元婚約者のBさんからこう言われたことがある。
私が”ケラマ君を好きになってしまったから、
婚約を白紙に戻して欲しい”と打ち明けた時のこと。

「誰の元にいても、
 陶子ちゃんが幸せなら俺はそれでいい。」

と。
私を責めるわけでも、取り乱すわけでもなく、
かすかに笑顔を浮かべて静かに言った。

あの時のBさんは、私よりもう年下だ。
今の私がBさんの立場だったら、同じことを言えるだろうか。
・・・多分、言えないな。

相手を想って何かするのも優しさだけれど、
あえて何もしないのも優しさだ。
私には、何もしない優しさが足りない。
いつも、何かしてしまう。
きっとそれは私を思い出して欲しいとか、
私を忘れて欲しくないとか、
自己中心的で醜い気持ちがあるから。

Mさんに特別な気持ちがないと分かってしまった以上、
今まで私を黙って想ってくれた人たちを見習わなくちゃ。

大切な人が幸せでいてくれること。
それが私の幸せとイコールになりますように。
拍手する
posted by 陶子 at 14:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月15日

シンプル

Mさんと一緒に仕事できるのはあと何日だろう?

笑顔で過ごすって決めたじゃないか。

ありがとうの気持ちを忘れたくない。

自分を見失いたくない。

そう何度も思ったじゃないか。

誰かに強要されたわけじゃない。

これは、私がどう生きたいかって話。

シンプルなこと。
拍手する
posted by 陶子 at 07:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月14日

***

どこか、地に足がついていないんだ。

自分の気持ちに素直になることすらできない。
できなくて、情けなくなって、自暴自棄になる。
相手の反応をみる。

いつも思う。
私のは恋愛じゃない。
ままごとだって。

どうしたらいいのか分からない。

好きだから、仕事も頑張りたい。
Mさんにうつつを抜かすような真似をしたくない。
だから出来るだけ眼中に入れない。
そうすると決まって後悔する。
その繰り返し。

つらいつらいつらい。
拍手する
posted by 陶子 at 23:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ホワイトデー

だったんだよね。

義理のお返しを数人から貰ったけれど、
本命からはなしでした

今日はMさんはお休みかと思っていたら出勤で、
それだけで嬉しかったのに、
内線電話ごしの声がすごく優しくて、
私はとても嬉しかった。

なんとなく、私を気にしている素振りがあったけれど、
私は仕事に集中することに精一杯で、
(Mさんを気にしだしたら仕事にならない)
ほぼ無視してしまったのがいけなかったのかなぁ。

話しかけてきそうな雰囲気を、私が受け付けなかった。
そして気がついたらMさんは退社していたバッド(下向き矢印)

脈も、縁も、ないのかな。
昨日のメールには返信がないし。
それがMさんの気持ちなんだろう。

どうせダメならぶつかってみるかダッシュ(走り出すさま)
結局こうなるのね、私は。
拍手する
posted by 陶子 at 22:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月12日

秘密

今日は朝の挨拶から良い感じだった。

「おはようございます。」

と声をかけると、
Mさんは“お”という顔をして(けして笑顔ではない)

「おはようございます。」

と返してくれた。
ムスッとしていないだけ100倍まし(笑)

夕方、事務所にやって来たMさん。
私たち事務員に何かを言いに来た雰囲気だったけど、

「………何言うか忘れた。」

とポツリ。

「一旦部屋から出て、
 もう一度入り直すと思い出すかもしれませんよ。」

と私が軽口を叩くと、はにかむように照れ笑い!!
久々に笑ってくれてホッとしたダッシュ(走り出すさま)

私が帰る間際には、
他の社員さんに「まだ20代ですから」なんて
冗談を言っていたMさん。

Mさんが実際の年齢よりも上に見えるという話を
おとといの飲み会でしたばかりだったから、
Mさんの冗談を面白可笑しく聞いていたら、
Mさんが私の方を見て…、笑った!

あの笑顔は、仕事モードじゃなかった。
この間、一緒に飲んでいる時の笑顔だった。
だから私も会心の笑顔で笑い返した(つもり)。

Mさんとプライベートで交流があることは、
同僚には言っていない。
なんとなく言えない雰囲気なのだ。
その一瞬、秘密を共有しているような空気が流れて、
くすぐったいような気分になった。

一日の終わりに、笑い合えて良かったぴかぴか(新しい)
拍手する
posted by 陶子 at 19:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

気持ち

気持ちを整理するために書く。

昨日会社で会ったMさんは、
その前日に“これから来ませんか?”と
飲みに誘ってくれた人とは思えないほど素っ気なく、
ムスッとしていた。
会話はほぼゼロ。

思わぬ場所でバッタリ会った時に

「誰かと思ったらMさんでしたか(笑)」

と声をかけたら、
反応はドギマギした表情のみ、無言たらーっ(汗)
なんなのよもうダッシュ(走り出すさま)
私があんな顔をさせてしまってるの?
それとも、私もムスッとしてる?

昨日の仕事帰りにはMさん抜きで、
Aちゃんの働く紅茶専門店に行ってきた。

元々行く予定にしていたし、
Mさんから“行ってやって下さい”と言われていたから。
Aちゃんとは仲良くなれるように努力中。

なんだか、色々考えてしまっている。
恋愛は頭で考えるものじゃないけれど、
今の気持ちをうまく言葉に出来ない。

思っていた人とは少し違っていた、に近い。
それが良かったのか、悪かったのかはまだ分からない。
今までは好きになったら一直線だった私。
今回は自信を持ってMさんが好きだとまだ言えない。

傷つきたくないだけなのかな。
仲の良い女友達が複数いるような人が相手じゃ、
のちのち大変そうだから、って…?

MさんとAちゃんの話を聞く限り、
二人だけで色んな場所に遊びに行っている様子。
なんで“友達”なんだろうって本当に不思議。

どうしたいんだろう、私。

とりあえず、Mさんが本社に戻ってしまっても
会える機会はありそうで、
それは素直に嬉しいんだけど。

こんな風に考えてると、
日々生きてるんだなぁと思う。
幸せなこと、なんだよな。
顔を上げて、感謝を忘れずに生きていこう。
拍手する
posted by 陶子 at 08:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月11日

昨日

Mさんと、噂の友達に会ってきた。

お店に行ってみたら、
ちょっと照明が暗めの、
熱帯魚の水槽が置いてあるお店で、
まるでデートにお邪魔をしたかのようだったたらーっ(汗)

完全なるMさんのプライベートな姿。
私服を見るのだって初めてだ。

Mさんのお友達のAちゃんは、
紅茶のお店で応対してくれた人ではなかったけれど、
色白で朗らかな可愛い女の子だった。
私より4歳下。

二人の会話はものすごいテンポが早くて、
次々と遊びの計画が出されていく。

「やりたいことが沢山だね!」

と笑い合う姿に若干気後れする私。

先日の飲み会で、Mさんが
“箱根駅伝のルートを仲間とドライブする”
計画を立てていると話していて、
私が“楽しそう”と言ったら
“陶子さんも参加しますか?”“はい!”
なんてやりとりをしたんだけど、
飲みの席の冗談かと思っていたら本気だったらしい。

昨日の飲み会はそのドライブの作戦会議で、
“来たがってる子がいるから呼んでもいい?”という流れで
急遽私を誘ったのだという。
で、来月、Mさんの仲間十数人と一緒に、
箱根に行くことになってしまったあせあせ(飛び散る汗)

MさんとAちゃんは“友達”だったけれど、
付き合ってても何も不思議じゃないくらいの
仲の良さだった。
そして二人とも男女問わず友達が沢山いて、
互いの友達を引き合わせて遊ぶのは
日常茶飯事のようだった。

嬉しい反面、私も大勢の友達の一人になっていくのかなと
ほろ苦い気持ちになった。

昨日はあまりにも急展開で
情報量も半端なく多かったせいで、
あんまり私らしさを出せなかったな…。
せっかくAちゃんに会わせてくれたのに。
がっかりさせてしまっただろうか。

一期一会。
常に心に留めておこう。

昨日のことはゆっくり反芻して、咀嚼して、
色々考えたい。

“Mさんと友達になりたいわけじゃない”って思うの、
贅沢かなぁ。
まずは友達から、なのかな。
こういうパターンは初めてで、分からない。
拍手する
posted by 陶子 at 07:46 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月10日

たたた

大変だ〜exclamation×2あせあせ(飛び散る汗)

今日はお休みだったMさんから、

「今、○○で紅茶専門店の子と飲んでるんですが、
 来られればいかがですか?」

と、ついさっきメールが来たあせあせ(飛び散る汗)ひぇ〜あせあせ(飛び散る汗)

もちろん行きますとも!

でも、でも、心の準備があせあせ(飛び散る汗)
会う前から顔真っ赤だしあせあせ(飛び散る汗)
どうしたらいいの〜あせあせ(飛び散る汗)

と、とりあえず落ち着け自分。
深呼吸。

よし、行ってきます!
拍手する
posted by 陶子 at 19:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする